札幌市内で農業見習い中

石狩市で農業の研修中の50代の主婦です。
北海道内の地域情報や家庭菜園から研修中のファームの様子とか趣味やDIYのこと等、農家を目指す私の奮闘記です。

直売所今季閉店しました。

TVでは雪の便りが流れるようになって、朝布団から出ると寒い!とちょっと辛くなってきて・・・
最低気温も10度以下になり、ベランダにある鉢植えもそろそろ片づける頃になりました。

私のガラケーではきれいに撮れませんでしたが
ファームで空を見上げると2重のきれいな虹が出ていました。


今日は今年最後の直売所の開店日
寒さのため露地野菜の収穫が終わり、お店にならぶ野菜が少なくなったからです。


雨の降る中いつもと変わらずお客さんが来てくれました。
始めて2年目の直売所
まだまだ知名度も低くちらほらと来客のあるお店でしたが
採れたてでおいしい野菜が食べれる、生産者の顔が見られるなど、お客様からうれしいお言葉をたくさんいただきました。


来年もよろしくお願いしますとお伝えし・・
閉店の時間が来ると、とっても寂しい気持ちになりました。
たった2か月ちょっとでしたが
とてもいい体験をさせていただき感謝です。


ありがとうございました。



それでもファームのお仕事はまだまだあります。
お漬物用のダイコンや白菜、キャベツ(サッポロ大球)
ネギやハウスの中で育っているチンゲン菜や小松菜等、収穫したじゃがいもの箱詰め
収穫と農家マルシェの出荷準備、そして片づけ・・お仕事は満載です。



今年のファームの研修も今月いっぱいで終了!
来年は3月から開始!
10アールの農地で一人で野菜を作って販売までの独り立ちの最終段階?


土を耕し、種を植え、育てて、草をむしり、収穫、販売までを講師の先生に
教えてもらったことや1期生を見習っての実践!



私の作った野菜が来年はマルシェや直売所にならぶ予定ww
うまくできるかドキドキですね(・_・;)




札幌マラソン

10月2日は札幌マラソンが開催されました。
娘がエントリーしているので応援に真駒内会場まで行ってきました♪

10月なのに初夏のような快晴と気温

ここはハーフと10キロのスタート地点



BMWのかっこいいバイクが先導車としてスタンバイ!




娘の参加した10キロからスタートしました。



みんな一斉にスタートしていきました!



そういえば息子が中学生の時、陸上で長距離をやっていて
そのころは旦那もマラソンをしていたので
二人でハーフに参加してたことを思い出し、懐かしいと思って応援しました。


娘の結果は!?
10,20代女子340人中20位以内だったので
良い結果?
来年は表彰台にのぼるぞ~と今から張り切っていました( *´艸`)


いろいろなブースが出ていて(写真がありません(;^_^A・・・)
おもち4000個無料サービスとか無料カイロなんちゃらとかやっていて
ゴールまでの50分間楽しく過ごせました(*^^)v



終わって娘が、お腹すいたーというので、食事に行ったのですが・・・
お腹痛い(´;ω;`)ウッ…
とか言って・・・半分くらい食べてダウンしてしまって
普段練習で10キロくらい走っていたのに・・
本番は緊張したんでしょうかね?


秋のファームの様子

今週は昨日(水曜日)に雨が1日降っただけで快晴の日が多かったです。

昼間は暖かくても朝晩が冷えて寒くなりました。


そんな中ファームではまだまだ元気な露地野菜が・・・

茄子やピーマン等なんばん類は、どんどん収穫できています。


これは甘とう美人という南蛮ですが辛くありません。
さっと炒めてお醤油かけていただくとおいしい!ビールのお供に最高です(*^^)v


とり忘れ?られたスイカ(;'∀')



収穫期を迎えた食用ほおずき「太陽の子」

とても甘くて香りがよくおいしいです。
そのまま食べてもスイーツにしてもいいですね(*^^)v


下仁田ネギも大きくなっていますが・・・放置気味なので雑草に・・・

それでもすくすく育ってるようです(;^_^A


里芋は北海道で育つのか?小さいままですね・・・


アスパラもふさふさと育ち土の中で来年の準備中
根をしっかり育てるために頑張っています。


もう片付けを待っているだけのトマトのソバージュ栽培


こうやってファームを見渡していると見たことのない花が・・・

これは山菜で知られている「うど」の花

ぼんぼんのようでかわいらしいです。



馬鈴薯も掘り終わり、だんだん収穫するものが少なくなってきて
直売所も心なしかさみしくなりました。

もう少ししたらネギや大根やジャガイモだけの直売所になっちゃいそうです( *´艸`)
10月後半には店じまいとなりそうです。


明日で9月が終わり!
秋が長く続いて冬が来るのが遅くなることを祈りながら・・